×

独立する時に利用できる

患者と整体師

柔道整復師は、資格を取得して独立したいと考えている人が多いです。国家資格になりますので、その資格を取得している人はそれほど多くありません。そのため、独立するときも有利な資格と言えます。ただ最近は、柔道整復師の資格を取得している人も多くなってきているため、競争が激しくなってきている面も否定できないでしょう。とにかく資格さえ取得していれば簡単に独立できるという時代は終わったといってもいいぐらいです。そこで、柔道整復師会と呼ばれるところがあり、そこに所属することで様々な独立に関するノウハウをもらうことができます。何も知らないで独立するよりも、柔道整復師会に入り基本的なことを学んだほうが無駄なく経営することが可能になります。

お金がどれぐらいかかるか

柔道整復師会が非常に魅力的だとしても、お金がどれぐらいかかるのかは気になるところです。特に、これから独立しようとしている人は、十分なお金がない可能性が高いです。なぜなら、資格を取得するために専門学校などに生きお金を使ってしまっているからです。それに加えて、毎月多くのお金を必要としているならば、入会するときにその金額が大きな壁になってしまうでしょう。そこで、柔道整復師かにかかる費用を見てみると基本的に入会金は支払う所と支払わないところがあります。絶対に支払わなければいけない訳ではありません。支払としても、2万円から3万円くらいになると考えておきましょう。毎月の費用に関しては、1万円前後になります。

オプションをとる場合にかかる費用

基本的に、毎月の会費が気を支払えばよい柔道整復師会が多いですが、本格的に独立に関して学ぼうとすればそれだけでは足りません。何が足りないかといえば、独立するときに必要な勉強をしなければならないことです。例えば、独自するときに必要なのは、柔道整復師としての単に腕前がよいかだけではありません。多くの人は、腕前がよければ独立してもうまくやっていきれるだろうと考えてしまいます。確かに腕前は重要なところですが、実はそれだけでは足らず経営ノウハウなども必要になってくるところです。この時、例えばコンピューターを使うことができる必要も出てきます。今まで、柔道整復師の学校では、コンピューターの使い方などを教えてくれたわけではないはずです。ですが実際に独立するとなれば、コンピューターを使って売り上げの管理や顧客管理などを行っていかなければいけません。そこで、柔道整復師会でコンピューターの使い方を学べる教室もあります。このようなときには、学費として数万円の支払いが必要です。

広告募集中